中嶋病院

診療時間(受付は8:30から) 月〜土 午前9:00〜12:00 午後14:00〜18:00

日曜・祝日も急患受付しておりますので、ご連絡下さい。TEL.022-291-5191

サイトマップ

文字サイズ

背景色

中嶋病院紹介 診療科・専門外来・部門 康陽会グループ 採用情報

理事長挨拶

 医療は、戦後約70年間で飛躍的な進歩を遂げました。例えば慢性心不全の場合、以前は、主に心臓の動きをよくするいわゆる強心剤の投与を行なっていました。
心臓の動きが悪ければそれをよくすることが治療だったのです。ところが今から20年ほど前、β遮断薬という一見心臓の動きを悪くする薬を心不全の方に投与すると、より長生きできることが判明したのです。現在は、他の分野でも同様な考え方に基づいた研究がなされ、ヒトが長生きすることこそが、治療のスタンダードとなりました。
結果として、日本人の寿命は1947年当時、50歳であったのが、男性81歳・女性87歳まで伸び(2018年統計)、人生100年時代も夢ではなくなりました。

 一方で、ヒトが長生きすることによる新たな問題も生じてきました。私は以前より、「出来るだけ負担の少ない検査で確実に診断し、速やかに最善の治療をすること」を目標にしてきました。この目標は今も変わりありません。しかしながら、入院して病気を速やかに治療し、いざ退院できる状態になっても、すぐ自宅に戻ることのできない、高齢の方や後遺症を有する方が増加してしまいました。

 そこで、当グループでは一人の人に対して、ただ単に病気を治すだけではなく、家庭や社会で生活できるところまでを治療の範囲と考え、いくつかの施設を有しております。医療の中核となる「中嶋病院」では、救急車を積極的に受け入れ、仙台市救急の一助を担っております。回復期リハビリテーション病棟では、主に手術後の方や脳梗塞の方が、自宅で生活できることを目標に、リハビリを行なっています。3つの老人介護施設「コジーケア」「けやき」「メープル」では、主に介護が必要な方が在宅に復帰するまでを幅広く支援いたします。自宅に戻ってからは、「中嶋病院往診部門」「ケアプランセンター」「東部訪問看護ステーション」「岩切地域包括支援センター」が皆様の暮らしをサポートいたします。

 さて私、令和2年7月、社会医療法人康陽会グループの3代目理事長に着任いたしました。先代、先々代理事長の想いを引き継ぎ、「病気を治療し、生活をサポートする」ことを目標とし、誠心誠意、努力してまいります。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

理事長 縄田 淳

社会医療法人 康陽会
理事長 縄田 淳

院長挨拶

 この7月から中嶋病院の病院長を拝命した阿部 永です。 私が外科部長として東北大学病院、そして十和田市立中央病院からこちらの病院に平成25年4月に移動してから7年ほどが経ちました。この度前院長の富永 剛先生の後任として業務を引き継がせて頂くことになりました。宜しくお願い申し上げます。 中嶋前理事長が立ち上げ構築し、富永前院長が継承して改善・改革してきた中嶋病院を、より充実した地域に密着したものにするため、全身全霊で取り組む所存でございます。中嶋病院は生活習慣病や一般内科疾患、がんの予防と治療のほか、整形外科・外科の手術、専門的な特殊外来(物忘れ外来や肛門外来、糖尿病外来など)、機能回復のためのリハビリテーション、介護・居宅サービスの支援など高齢化社会を見据え、広い分野で地域の要望に応えるために診療内容のより一層の充実、質の向上に努めてまいります。また康陽会関連施設はもちろん、東北大学病院、仙台医療センターをはじめさまざまな近隣の病院、診療所、介護施設などとの医療連携を強化、相合活用することによって皆さまが安心して生活できる地域づくりに今後も貢献して参ります。

まだまだコロナウイルスには油断がならない日々が続いておりますが一日でも早い収束を期待し、人々が以前のように自由に行き来する日が訪れることを心より望んでおります。 またその日が少しでも早く実現するよう、医療の安全と社会医療法人としてのより一層の地域医療の充実に取り組みたいと考えております。今後とも皆様方のご支援ご指導賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

院長 阿部 永

社会医療法人 康陽会 中嶋病院
院長 阿部 永